ガスールとエレクトーレを実体験から比較!泥パック効果や値段の違いは?

2017/09/07

クレイパックではガスールが一番いいと思っていませんか? 確かに、クレイパックと言えば?と聞かれると、ほとんどの人がとりあえずガスールと答えるくらいには知名度があるクレイだと思います。

ではそのガスールと、同じクレイパックであるエレクトーレフェイストリートメントは、効果やコスパにおいてどんな違いがあるのでしょうか?

今回はその性能やお値段など、誰もが気になるであろう5項目を私が以前使った体験から比較してみましたので、どうぞ参考にしてみてください。

一目でわかる比較表

まずは、こちらの比較表をご覧ください。

  エレクトーレ ガスール
洗浄力   
肌への
優しさ
お手軽さ
美容成分
お値段
(1ヶ月)


約6,000円
(定価)

※初回限定で2,980円
返金保障つき


500円
(固形・粉末)
※チューブタイプは約800円

なぜこのような評価になったのか?

それぞれの項目を順番に説明していきたいと思います。

 

①洗浄力

洗浄力 評  価
エレクトーレ
ガスール

クレイパックはクレイ自体に汚れなどを吸着する性質があるため、普通の洗顔剤にはない、角質までしっかり吸いとり毛穴汚れもきれいに洗い落とせる洗浄力を持っています。

よほどクレイの質が悪くない限り、クレイパックでちゃんと汚れが落ちるかどうかの心配はしなくても大丈夫です。

洗浄力に関しては、ガスールもエレクトーレも申し分ない効果があるでしょう。

 

②肌への優しさ

肌への優しさ 評  価
エレクトーレ
ガスール

ガスールのクレイパックは水分を吸収する力が強く、連日でやるとすぐに肌がガサガサになるほど肌への負担が大きいです。そのため週に1~2回程度しかパックできません。

さらに困ったのが、その刺激の強さのせいで本当にケアしたい目元や口元に使えないということ!私も最初は知らずに顔のすみずみまで塗ってしまって大変なことになりましたので、敏感肌の方は気をつけてくださいね(汗)

スキンケアするときって、こういう風に塗ってはいけない場所なんかがあるとやりづらいんですよね…。

一方でエレクトーレは主成分であるミネラルオーレがとても低刺激。美容成分も豊富に含まれており、一番ケアしたい目元や口元も気にせず塗れるのでストレスフリーです。

そして次の項でも触れますが、エレクトーレのフェイストリートメントは肌に乗せる時間が10秒で済むので肌に負担を与える時間が少なく、毎日パックしても問題ありません。気になったところはいつでもケアできます。

※ガスールも、週1~2回程度のケアであればお肌への負担は問題ありません。

 

③お手軽さ(時間や手間はかかるか)

お手軽さ 評  価
エレクトーレ
ガスール

ガスールは一般的な粉末や固形のものなら、水で溶かしてペースト状にするのに5分~10分。さらに、顔に塗ってからも3分~5分くらい待つ必要があります。

一方でエレクトーレは、顔に塗ってから10秒~長くても数十秒で洗い流してOK。

ガスールがクレイを溶かし、塗ってから待つ時間があるのに比べて、エレクトーレは10秒という圧倒的な短時間で、楽にクレイパックを完了できてしまいます。

「10秒クレイパック」のキャッチフレーズは伊達ではないということでしょうか。さすがにこれは勝負にならないレベルですね…。

 

④美容成分

美容成分 評  価
エレクトーレ
ガスール

クレイパックは基本的に皮脂や角質の汚れを落とすのがメインのスキンケアですが、どうせならお肌に良い効果をもたらしてくれる美容成分が入っていると嬉しいですよね。

ガスールの主原料は「マグネシウム・モンモリロナイト」と呼ばれるクレイで、ケイ素、カリウム、カルシウムなどのミネラル成分が豊富に含まれており、これらがお肌のバリア効果を高めてくれたり、さらに保湿効果もあるようです。

一方でエレクトーレ フェイストリートメントも、主原料であるミネラルオーレに岐阜県でとれるモンモリロナイトが使われています。

特に日本産のモンモリロナイトは、ケイ素などのミネラルが豊富に含まれていて世界的にも良質なクレイとして有名です。

それに加えて、エレクトーレにはヒアルロン酸やセラミド、ベビーコラーゲンなど、高品質の美容成分が配合されています。

ガスールも豊富なミネラルが含まれているのでお肌にも悪くはないのですが、逆に言えばミネラルくらいしか美容成分が含まれていないんですよね。
さらに週に1~2回だけのパックでどこまで美容効果があるのかも疑問なので、この評価になりました。

 

⑤お値段(1ヵ月分)

お値段 評  価
エレクトーレ
約6,000円(定価)
※初回限定で2,980円
返金保障つき
ガスール
500円(固形・粉末)
※チューブタイプは約800円

ガスールは市販されている粉末や固形のものだと1ヵ月分で500円ほど
すでにペーストになっているチューブのタイプだと700円~900円の価格帯が多いようです。

一方でエレクトーレは、定価だけ見ると6,000円もするので高すぎる!と思いますよね。
でも公式サイトから申し込める定期便だと1ヶ月分が初回限定で2,980円で購入できるようです。

返金保障もついているので、実質無料でお試しできます。

定期便が好きじゃない方も、エレクトーレの定期便はいつでも解約可能ですから、初めの1ヶ月分だけ試してみてすぐ解約するのもアリです。
もちろん解約金や、しつこい引止めの電話などもありませんのでご安心ください。

>> エレクトーレ公式サイト

 

結論としては、単純なお値段だけ見ると加工の手間がかかっていない分、ガスールの方が安く買えます
でも加工済みのチューブタイプの方を見てみると意外と高いですね。市販のちょっといいシャンプーくらいの値段になります。

あと忘れてはいけないのが、ガスールは目元や口元などのデリケートな部分には使えず、その部分をケアするために他のコスメが必要になるということ。

エレクトーレならこれ1本で体のすみずみまで使えますし、公式サイトの割引や返金保障も考えると、単価ではガスールが安いものの、コスパの面で言えば引き分けと言っていいかもしれません。

 

まとめ

洗浄力に関してはどちらも毛穴汚れや角質を落とすには問題なく効果を発揮してくれます。
値段に関しては基本的にはガスールの方が安く買えるようです。一方それ以外の項目は、エレクトーレの方が優秀だという結果になりました。

値段に関しても、エレクトーレは公式サイトの定期便なら初回限定でかなりお安くゲットできます。さらに返金保障がついていますから、もしお肌に合わなくてもお金が無駄にならないという安心感がありますね。

 

始めは私も値段が安いし、ガスールでいいやと思って使っていたんですが、やってみると毎回「溶かして塗って待つ」という作業が地味に大変。

さらに一番しっかりケアしたい目元・口元のために他のコスメを用意して、ガスールの後にもう一度スキンケアをしなきゃいけないという二度手間が本当に面倒で…。

子供も小さかったので、まともなケアができずに結局リタイヤしてしまいました…。

 

そんなことがあった後だからか、エレクトーレを勧められて使ってみたら、びっくりするほど楽に短時間でクレイパックが済んで

今までの苦労は何だったんだろう…こんな気持ち初めて…

と、嬉しいやら悲しいやら、なんだか複雑な気持ちでしたね。

今までのクレイパックの手間と苦労から開放されるなら多少の出費は安いものだと、それからはもうずっとエレクトーレのお世話になっています。

クレイパックに興味があるけど、あまり時間はかけたくない

手のかかる子供がいるけど、いつも明るいお肌のママでいたい

こんな悩みを持つ女性にとって、エレクトーレは本当に世界が変わるクレイパックだと思いますよ。

>> エレクトーレ公式サイト <<

エレクトーレのリアルな口コミ記事へ


PAGE TOP